エルヴィス・プレスリー名曲紹介所

ロックだけでなくバラードも。エルヴィス・プレスリーの名曲を紹介します。

キング・オブ・ロックンロールと呼ばれるエルヴィス・プレスリー。
数多くの名曲がありますが、意外と世間一般に知られていない作品がまだまだ多く残っています。そんな隠れた名曲を紹介します。

タグ:バラード

少し古い記事ですが、こんな話があったんですね。

ドリー・パートン作の「I Will Always Love You」は、ホイットニー・ヒューストンがカヴァーし一躍有名になったが、エルヴィス・プレスリーもこれをカヴァーするはずだったという。
ドリーはこれに大興奮だったものの、レコーディングの直前、エルヴィスのマネージャーから要請された事項を承諾するわけにはいかず、却下するという痛恨の決断を下したそうだ。

この名曲がエルヴィスに歌われたかもしれないとは・・・
ホイットニーの歌も素晴らしいですが、エルヴィスファンとしては
非常に残念です・・・。

そこで今回は悲痛な想いを歌い上げてくれるこちらの一曲、

Sylvia

を紹介します。
 続きを読む

先日、偶然
にっぽん ぐるり みちたん5min~大好き東北~
という番組を観たのですが、テーマが、

「青森のエルヴィス・プレスリー」

でした。とても面白かったです。

そこで今回は、その番組内で流れていた

How the Web Was Woven

邦題:恋のはた織り

を紹介します。

続きを読む


とても面白そうなイベントが行われるそうです!

エルヴィス・プレスリー35歳のライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『オン・ステージ』を8月29日(木)に、東京と大阪のZeppにて、一夜限りのライヴハウス上映決定!

臨場感溢れる会場でエルヴィスのステージを体感できる貴重な機会ですね!

そこで今日は、この作中で歌唱される一曲、

Just Pretend

を紹介したいと思います!
 続きを読む

新年あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い申し上げます!
皆様にとって、素晴らしい一年になりますように…

さて、今日ご紹介するのは

There's Always Me

です。

続きを読む

早速ですが、こんなニュースがありました!

米現地時間11月16日の授与式で、「めざましい業績を上げた個人」に与えられる大統領自由勲章がエルヴィス・プレスリーに授与されることが発表された。「死後40年たった今もアメリカの象徴として称えられる」と、キングを偲んでトランプ政権が決定を下した。   

この大統領自由勲章は、
「アメリカ社会や国益、世界平和、文化やその他公私さまざまな活動に多大な貢献をもたらした個人に対し、大統領より贈られる、アメリカ市民最高の栄誉」 
だそうです。
やはりエルヴィスの功績は死後何十年経っても色褪せることがないのでしょう。
ファンとしても嬉しいです。

今回紹介したい曲は、 
Crying in the Chapel
です。

 続きを読む

↑このページのトップヘ